2015年04月07日

キツネノボタン

DSC_5782キツネノボタン.bmpキツネノボタン2.bmp


キツネノボタン

 大溝横の土手に草がこんもりと繁っています。ホトケノザのピンクの花が咲いていたかと思うと、少し背が高くマメ科のカラスノエンドウが咲いています。
 それに混じって黄色い花が勢力をつけ始めました。近づいて花びらを数えますと5枚つけています。雑草の花は毎年同じところに咲きますが、その年によって勢いよく繁茂するか、勢力が衰えて少ししか咲かないか違っています。雑草を刈る時期によって種のこぼれ方など違うのかもしれません。
今年は、黄色い花である「キツネノボタン」は勢いよく繁茂し始めました。葉っぱがセリに似ていますが、有毒なので注意が必要です。花が終わると小粒のコンペイトウ状の実がなります。



プリンター不調

コピー機などのプリンターは、頂いたコピー機を使用して便利ですが。通常つないでいるプリンターは、A3版の広さまで印刷できるので重宝しています。しかも屋内の無線ランにつないでいるので居間で操作しても書斎のプリンターが印刷してくれ便利です。
一旦便利さを味わうと、トラブルが発生するとパニックになります。先日の観桜会の集合写真を参加者に配布するため、編集したものをプリントしますが正常に動いてくれません。インクの調子が悪く、色が一部出ていなかったり、せっかくの光沢紙が無駄になってしまいました。ためしに、別の文書は正常に作動し、きれいに印刷もできるのに、これだけは何回やり直しても不調なので、とうとうあきらめて別の日に挑戦することにしました。このような時は、時間に追われた生活でないので助かります。
posted by ムッチー at 14:45| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

クンシラン

DSC_5772クンシラン.bmp

クンシラン

昼食の時、なんとなく温室が目に入ったので、よ〜く眺めていると赤い花が咲いているのが見えました。その花は、クンシランでした。
以前、一鉢友人が持ってきてくれたのが始まりで、鉢の数も3鉢になっています。
耐寒性とは言いますが、あまりに寒いと、枯れるので、冬は温室に入れておきます。
君子蘭と言う名でも蘭の仲間でなく、ヒガンバナ科の植物です。3〜4月に咲く花は、豪華で人目を引く大型の鉢花として古くから親しまれています。開花期間でなくとも、艶のある濃緑色の葉が美しく観葉植物としても楽しめます。


「出会い」の素晴らしさ

「同級生が大牟田に来るので一緒に会わないか」と先輩からお誘いがあり、経済界の事は全く分からないが、その方の現在のテーマが「きずな」なのでちょうどいいと思い、夕食を共にしました。
 その方は、隣街出身で、東京で経営企画センターを経営され、人事問題を中心とした様々な分野の会社を設立し、現在は息子に譲り、経営コンサルタントとして講演活動、執筆活動の毎日のようでした。
今の自分は中学時代の先生との出会いがきっかけであるとして、自社発行の「はたらく人の自己実現による経営の発展に貢献するための月刊誌」に「自己啓発のすすめ方」として連載で執筆されています。
中学生時代の国語と音楽の先生との出会いの中で「褒める」、「やさしさ」が意欲を持って立ち向かうエネルギーを醸成する源になっていることが述べられ、仕事の労務管理も底流には、それが生きた指導となっているようでした。
私は、予備知識なくその方にお会いしましたが、ことばの端々に「人と人との出会いの素晴らしさ、きずなの大切さ・深さ」を感じ、一度っきりでお別れするのはもったいないような気持になっていました。

posted by ムッチー at 13:42| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

これもスイセン

DSC_5766スイセン.bmp

これもスイセン

 草取りをした草は、大溝横の土手に捨てています。特に花壇の草取りをしたときに小さい球根類も混ざっていると見えて、雑草の中からたくましく成長して花を咲かせています。びっくりしたのは、赤いチューリップが雑草に混じって一本咲いていることでした。他に、スイセン、花ニラ等が咲いています。このスイセンの顔はぐしゃぐしゃしていますがこれもスイセンです。まだまだ今から数種類のスイセンの葉がのびていますので開花が楽しみです。


事務能力

 年度替わりになると、総会資料等いろいろな書類作りが待っています。ほとんどがパソコンで作成していますので、同じような様式は、昨年度分の様式を引っ張り出して今年度用に作り替えることで済ましていますが、それでも以前は1時間で作っていたものが、半日かかったりしています。また、ミスも多くなってきました。それで、ミスがないか自己点検をするのですが、自分で点検するとミスを見つけるのをミスしているのが多くなってきています。そこで、作成したらすぐ点検するのではなくて、数日たって点検することにしました。
 若いときは、書類作成時間が遅いと事務能力を問われていましたが、高齢になると持ち時間はたっぷりあるので、早めに取りかかって一つでもミスを少なくしたいと思っています。それでも、現実は、本番になってミスを見つけるのが多くなってきました。
posted by ムッチー at 13:22| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

ムラサキケマン

DSC_5767ムラサキケマン.bmp

ムラサキケマン

 庭の片隅にピンクの花が咲いていました。ムラサキケマンです。4日前に諏訪公園に行ったとき、日の当たらない松林の中にピンクの花が一面に咲いていたので日陰にホトケノザが咲いていると思い近づくと、ムラサキケマンでした。この花は、どちらかというと日陰を好むようです。
 ムラサキケマンは荒れ地に咲いている場合が多いので、我が家の庭もあまり世話をしていない証拠なのだと思い、草取りをする前に撮させていただきました。


退職者の会

 定年退職をすると、様々な退職者の会があり、そのメンバーの一人として、自動的にいくつもの団体の会員となります。
 あまりにも組織が多いので、会費だけを支払い、会合には欠席している団体がほとんどで、会費も払わない団体さえもあります。どれも同窓会的な団体なのでそれでいいのだと自分に言い聞かせています。
 しかし、最近の人は、定年退職しても、そのような団体には当初から加入しない人が増えてきました。
 今までは、退職したら自動的に退職者の会に入るのは当然だと思っていましたが、現在は、一人ひとり「退職者の会に入っていただけますか?」と確認をとり、断られる場合がめずらしくなくなりました。
 同窓会だから、当然といえばそうなのですが、今の世の中は「同じ釜の飯を食った仲」では通用しなくなってきています。
 私自身、いくつもの会の責任者や世話役をさせていただいていますが、今日の役員会でもう一つ新たに、今年度から会員50人程度の退職者の会の責任者にならざるを得なくなりました。
改めて、「同じ釜の飯を食った」有志の同窓会と会費制の同窓会の違いやそのあり方について、考えさせられる年になりそうです。
 
posted by ムッチー at 16:24| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

スズランスイセン

DSC_5770スズランスイセン.bmp

スズランスイセン

 庭の隅にスズランスイセンの球根を植えているので、毎年今頃花が咲きます。
見た目が繊細な割りに丈夫でスイセンのような細い葉っぱに、スズランのような花を咲かせます。花が終わると種をつけます。種をつけると球根を太らせるには、株が栄養を種にまわしてしまいますので、チューリップも同じことですが、できれば終わった茎ごと花を摘んでしまう方がいいようです。
 葉っぱは枯れてから取り除かないと葉っぱが光合成をしてその養分を球根に溜め込むので元気な葉っぱを切ると翌年の生育が悪くなります。


消費税外税

 会計報告で、クレームがついたので、調べてみると、領収証の総合計の金額は消費税込の金額で示されていますが、その内訳は、それぞれの品物の税抜きの値段を示してあり、別に税金分が外税として示してありました。
 注意して読めばよかったのですが、細長く小さいレシートなのでよく読んでいなかったのが原因でした。
 そのため、それぞれの品物の値段を1.08倍して記入しなければなりません。
監査をする方も、帳簿と領収証の違いを見つけるのに苦労したようでした。
 
 
posted by ムッチー at 13:19| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

花見

並木.bmp桜.bmp

花見

 花見といえば桜と相場が決まっています。わざわざ「桜の花見」とは言わないですね。
 桜が開花して、急に雨が降ったりでゆっくり花見をする予定が立ちません。暇なときは雨が降り、忙しいとき晴れたりで、花見はいつも天気予報を見てやきもきしています。特に花見の幹事を引き受けているとなおさらです。
 市内が一望できる甘木山に行きましたが、「花曇り」がひどく、有明海も見えませんでした。山を下りて5分もすると隣市にある「ニコニコのり」の工場の桜並木を見に行きました。入り口からズラリと吉野さくらとしだれ桜がそれぞれ1列に並べて植えてあります。
 わざわざ写真を撮りに来ておられる方もおられました。

うたの花がたみ.bmp
 
「うたの花筐」 著 橋本信男  発行 有明新報社

 分厚く重たい冊子が郵便物として届きました。地元新聞に紹介してあった本でした。著者は地元の小学校教師をされていた多才な方です。「うたの花筐」と題した80歳を迎えた記念の人生そのものでした。255ページの大作です。
第1章 わがふるさと(文) 第2章 二つの校歌(作詞)
第3章 詩(11編) 第4章 俳句(60首)
第5章 短歌(42首) 第6章 童話(340話)
第7章 その他 論説等  第8章 洋画(油彩24点)
特に、童話は、子どもが読めるように大きな文字で書かれていて学校の図書館に寄贈されたと聞いています。
posted by ムッチー at 15:52| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

サギゴケ

DSC_5762サギゴケ.bmp

サギゴケ
 庭の草取りをしているとき、ヨモギの葉がしつっこく生えるので根から抜いているとヨモギの葉とは少し違うので残しておきました。
朝起きて雨戸をあけると白い花が目に入りました。一瞬紙屑が散っているのかと思ってしまいました。
これは、ムラサキサギゴケ の白花ですが、シロバナサギゴケとは呼ばず、ただのサギゴケと呼んでいます。ムラサキサギゴケは何処でも見られますが、白花はめったに見られません。また鷺に似るという意味でこの名前がついています。

001新聞.bmp

年度替わり

朝食の時、新聞を広げると4ページにわたってぎっしりと県の教職員の異動発令が掲載されていました。3月末から、県警・県・市・銀行等の異動発令が順次掲載されていました。公的な機関ほど詳しい人事が公表されていますが、全員公表されるのは教職員だけではないでしょうか、それだけ、関心が高くもあり、社会的な責任が重いということだろうと思います。
posted by ムッチー at 13:08| 福岡 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

タラの芽

DSC_5763タラの芽.bmp

タラの芽

 昨日、矢部村へ友人を迎えに行くという口実をつけて乗用車2台連ねて同期生とともにドライブを楽しみました。今年の矢部のダム周辺は、桜の開花はまだでしたが、久しぶりに、道中の会話に花が咲きました。春を食べる話題で、フキノトウ、菜の花などともにタラの芽の話となり、我が家にもタラの芽は採れることを忘れていました。早速今朝 山に登ってみると先客があったと見えてほとんどなくなっていて、残っているのは、葉っぱが大きくなりすぎているものばかりでした。


008展示会.bmp
007講演会.bmp


「絵本作りの裏話」絵本作家 内田麟太郎講演会

三池カルタ館で「カルタで楽しむ絵本の世界」展が開催されています。
その一環として、内田麟太郎作の「わらうだいじゃやま」の原画、「だしゃれゆうえんち」いろはがるたの原画も展示されています。
 絵本の原画は何回も見ていますが、カルタの絵札の原画を見るのははじめてでした。
 講演は「絵本作りの裏話」で、文を作る人と絵をかく人とのやり取りは、それぞれの持ち味をどのように生かしていくか、それも、現在作りつつある本で、本年末に発売を目途としている本の下書き等を見せながらの話で興味深い内容でした。
posted by ムッチー at 17:28| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

三池を抱きしめる女たち

003三池.bmp

三池を抱きしめる女たち
〜戦後最大の炭鉱事故から50年〜

 今日、文化会館で、番組の上映とディレクターの講演があることを知り、テレビを観ていなかったので行ってみました。
 この番組は、一昨年に放送された、NHK・ETV特集『三池を抱きしめる女たち〜最大の炭鉱事故から50年』が、「放送文化基金賞」最優秀賞、「地方の時代映像祭」選奨を受賞していました。
 その受賞報告と作品上映の後、この作品のディレクター・熊谷博子さんによる記念講演がありました。
  三井三池炭鉱で、死者458人、CO中毒患者839人を出す、炭じん爆発事故で、今年、その日から50年目を迎えています。だがCO中毒の後遺症に苦しむ夫を抱えた妻たちにとっては、何も終わっていないのです。この半世紀、妻たちの目を通して、夫、子ども、事故を抱きしめて生きてきた女性たちの50年を通して描いていました。
 世界遺産登録へと進んでいる現状で、改めて炭鉱事故その後をもう一度振り返ることが大切なことだと思いながら帰りました。


DSC朗読.bmpDSC_5742参加者.bmp

内田博詩碑前観桜会

 今日は、好天気に恵まれました。11時開会の準備のため9時には諏訪公園へ行き、会場設営をしました。

マスコミ等の記事も手伝って、予想以上の参加者があり、50部近く開催要項等を準備していましたが、足らなくなり、スタッフのものを配る始末でした。
 献詩では、内田博作、悲しき幻覚、幼子に、内田麟太郎作 ぼくに をドロシーみきこさんのバイオリン伴奏に乗せて、龍芳枝による朗読が会場を盛り上げました。
 文芸家を顕彰する方法はいろいろあると思いますが、碑の前での顕彰活動は趣があり、企画する方も楽しくなります。

span>
posted by ムッチー at 21:40| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

観桜会

006観桜会.bmp

観桜会

大牟田近代文芸家顕彰会が主催して内田博前観桜会を開催することになりました。諏訪公園の桜の木はあまり大きくはありませんが 第1回目です。諏訪公園の郷土の丘で、午前11時から開きます。
posted by ムッチー at 09:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。